Biography

Daishi Kondo is an assistant professor at Osaka Metropolitan University.

Interests
  • Network security
  • Privacy
  • Traffic measurement
  • Information-Centric Networking (ICN)
  • Peer-to-Peer (P2P) networking
Education
  • Ph.D. in computer science, 2018

    The University of Lorraine, Nancy, France

  • M.A.S. in interdisciplinary information studies, 2015

    The University of Tokyo, Tokyo, Japan

  • B.S. in engineering, 2013

    Osaka University, Osaka, Japan

Recent Publications

International Journal Papers

  • D. Kondo, T. Ansquer, Y. Tanigawa, and H. Tode, ‘‘Resource Breadcrumbs: Discovering Edge Computing Resources over Named Data Networking,’’ IEEE Transactions on Network and Service Management. (Accepted)

  • K. Hasegawa, D. Kondo, M. Osumi, and H. Tode, ‘‘Collaborative Defense Framework Using FQDN-Based Allowlist Filter Against DNS Water Torture Attack,’’ IEEE Transactions on Network and Service Management, vol. 20, no. 4, pp. 3968–3983, Dec. 2023.

  • K. Isobe, D. Kondo, and H. Tode, ‘‘Privacy Concerns From Single-Word Search Query Leakage From Web Browsers Through DNS,’’ IEEE Networking Letters, vol. 4, no. 1, pp. 48–52, Mar. 2022.

  • N. Ishikura, D. Kondo, V. Vassiliades, I. Iordanov, and H. Tode, ‘‘DNS Tunneling Detection by Cache-Property-Aware Features,’’ IEEE Transactions on Network and Service Management, vol. 18, no. 2, pp. 1203–1217, Jun. 2021.

  • D. Kondo, V. Vassiliades, T. Silverston, H. Tode, and T. Asami, ‘‘The Named Data Networking Flow Filter: Towards Improved Security over Information Leakage Attacks,’’ Computer Networks, vol. 173, 107187, May 2020.

  • G. Doyen, T. Cholez, W. Mallouli, B. Mathieu, H. L. Mai, X. Marchal, D. Kondo, M. Aouadj, A. Ploix, E. M. de Oca, and O. Festor, ‘‘An Orchestrated NDN Virtual Infrastructure Transporting Web Traffic: Design, Implementation, and First Experiments with Real End Users,’’ IEEE Communications Magazine, vol. 57, no. 6, pp. 33–39, Jun. 2019.

  • D. Kondo, T. Silverston, V. Vassiliades, H. Tode, and T. Asami, ‘‘Name Filter: A Countermeasure Against Information Leakage Attacks in Named Data Networking,’’ IEEE Access, vol. 6, pp. 65151–65170, 2018.

国内ジャーナル

  • 近藤 大嗣, 澁谷 遊野, 山口 利恵, 中田 登志之, 浅見 徹, ‘‘日本国内におけるメールセキュリティに関する実態把握,’’ 情報処理学会論文誌(推薦論文), vol. 64, no. 11, pp. 1537–1547, 2023年11月.(特選論文)

解説

  • 浅見 徹, 栗原 淳, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘多様なビジネスの収容基盤としてのネットワークとその課題――著作権保護や消費税徴収等に関わる技術的・法的課題――,’’ 電子情報通信学会誌, vol. 103, no. 2, pp. 155–161, 2020年2月.

International Conference Papers

  • T. Ueda, D. Kondo, Y. Tanigawa, and H. Tode, ‘‘Computing Node Selection Method Based on Proactive Grasping of Computational Performance in End Cloud Environments,’’ in Proc. 2023 IEEE 20th Consumer Communications & Networking Conference (CCNC), pp. 672–673, 2023.

  • K. Yoshitomi, Y. Tanigawa, D. Kondo, and H. Tode, ‘‘Strictly Prioritized Multihop Transmission of High-Priority Data Composed of Multiple Frames in Wireless Sensor Networks,’’ in Proc. 2023 IEEE 20th Consumer Communications & Networking Conference (CCNC), pp. 893–894, 2023.

  • K. Isobe, D. Kondo, and H. Tode, ‘‘A First Look at the Name Resolution Latency on Handshake,’’ in Proc. the 22nd ACM Internet Measurement Conference (IMC ‘22), pp. 756–757, 2022.

  • D. Kondo, T. Ansquer, Y. Tanigawa, and H. Tode, ‘‘Resource Discovery for Edge Computing over Named Data Networking,’’ in Proc. 2021 IEEE 45th Annual Computers, Software, and Applications Conference (COMPSAC), pp. 552–559, 2021.

  • K. Hasegawa, D. Kondo, and H. Tode, ‘‘FQDN-Based Whitelist Filter on a DNS Cache Server Against the DNS Water Torture Attack,’’ in Proc. 2021 IFIP/IEEE International Symposium on Integrated Network Management (IM), pp. 628–632, 2021.

  • H. Tode, A. M. S. Pradhan, D. Kondo, and Y. Tanigawa, ‘’[Invited] NDN Based Participatory Crowdsensing Framework with Area-focused Interest Forwarding,’’ in Proc. 2020 16th International Conference on Mobility, Sensing and Networking (MSN), pp. 569–575, 2020.

  • N. Ishikura, D. Kondo, I. Iordanov, V. Vassiliades, and H. Tode, ‘‘Cache-Property-Aware Features for DNS Tunneling Detection,’’ in Proc. 2020 23rd Conference on Innovation in Clouds, Internet and Networks and Workshops (ICIN), pp. 216–220, 2020.

  • H. L. Mai, M. Aouadj, G. Doyen, D. Kondo, X. Marchal, T. Cholez, E. M. de Oca, and W. Mallouli, ‘‘Implementation of Content Poisoning Attack Detection and Reaction in Virtualized NDN Networks,’’ in Proc. 2018 21st Conference on Innovation in Clouds, Internet and Networks and Workshops (ICIN), pp. 1–3, 2018.

  • D. Kondo, T. Silverston, H. Tode, T. Asami, and O. Perrin, ‘‘Risk Analysis of Information-Leakage Through Interest Packets in NDN,’’ in Proc. 2017 IEEE Conference on Computer Communications Workshops (INFOCOM WKSHPS), pp. 360–365, 2017.

  • D. Kondo, T. Silverston, H. Tode, T. Asami, and O. Perrin, ‘‘Name Anomaly Detection for ICN,’’ in Proc. 2016 IEEE International Symposium on Local and Metropolitan Area Networks (LANMAN), pp. 1–6, 2016.

  • D. Kondo, H. Lee, and A. Nakao, ‘‘Content Piece Rarity Aware In-Network Caching for BitTorrent,’’ in Proc. 2015 IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM), pp. 1–6, 2015.

  • D. Kondo, Y. Hirota, A. Fujimoto, H. Tode, and K. Murakami, ‘‘P2P Live Streaming System for Multi-View Video with Fast Switching,’’ in Proc. 2014 16th International Telecommunications Network Strategy and Planning Symposium (Networks), pp. 1–7, 2014.

  • D. Kondo, A. Fujimoto, Y. Hirota, H. Tode, and K. Murakami, ‘‘P2P Live Streaming Distribution System with Fast Content Switching and Category-Based Recommendation Function,’’ in Proc. 2012 Seventh International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing, pp. 345–350, 2012.

国内会議

  • 山内 大輝, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘エッジ環境におけるロードバランシングアルゴリズムの検討,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-70, 2024年3月.

  • 浅田 竜征, 谷川 陽祐, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘モバイルアドホック網環境におけるノードの移動を考慮した情報取得法の検討,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-80, 2024年3月.

  • 磯部 克貴, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘ブロックチェーンを用いたDNSとしてのHandshakeの包括的な調査,’’ 信学技報, vol. 123, no. 397, NS2023-199, pp. 160–165, 2024年2月.

  • 植田 達也, 近藤 大嗣, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, ‘‘エンドクラウド環境におけるセンシングデータ解析のためのコンピューティングノード選択法,’’ 信学技報, vol. 123, no. 397, NS2023-214, pp. 246–252, 2024年2月.

  • 大隅 雅斗, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘5G MEC環境に展開された遠隔型自動運転システムを対象とするDDoS攻撃評価,’’ 信学技報, vol. 123, no. 397, NS2023-228, pp. 329–335, 2024年2月.

  • 八木 洸太, 磯部 克貴, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘DNS-Based Authentication of Named Entities導入におけるWebパフォーマンスへの影響,’’ 信学技報, vol. 123, no. 397, NS2023-231, pp. 348–354, 2024年2月.

  • 赤川 宙, 黒川 紫温, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘Multi-access Edge Computing環境における遅延保証に向けたRound Trip Time測定,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-10, 2023年3月.

  • 黒川 紫温, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘エッジ環境における高速な状態変化を伴うサーバの性能を考慮した負荷分散手法の検討,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-88, 2023年3月.

  • 澁谷 遊野, 近藤 大嗣, 山口 利恵, 中田 登志之, 浅見 徹, ‘‘日本国内におけるメールセキュリティに関する実態把握,’’ コンピュータセキュリティシンポジウム2022論文集, pp. 554–561, 2022年10月.

  • 植田 達也, 近藤 大嗣, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, ‘‘エンドクラウド環境におけるプロアクティブな計算性能把握に基づくコンピューティングノード選択法,’’ 信学技報, vol. 122, no. 170, NS2022-73, pp. 70–75, 2022年9月.

  • 吉富 慶太, 谷川 陽祐, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘無線センサ網における複数フレームから構成される高優先度データのチャネル予約に基づくマルチホップ伝送法,’’ 信学技報, vol. 122, no. 105, NS2022-31, pp. 24–29, 2022年7月.

  • 大隅 雅斗, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘Kubernetesクラスタ内のDNSサービスディスカバリーに要する遅延の測定,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-38, 2022年3月.

  • 植田 達也, 近藤 大嗣, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, ‘‘エンドクラウドネットワーキング環境におけるコンピューティングノードと通信経路選択法の検討,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-53, 2022年3月.

  • 吉富 慶太, 近藤 大嗣, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, ‘‘無線センサ網における複数フレームから構成される緊急データ優先伝送法の検討,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-54, 2022年3月.

  • 磯部 克貴, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘DNSルートサーバの代替としてのHandshakeの名前解決におけるレイテンシ測定,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-60, 2022年3月.

  • 磯部 克貴, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘Webブラウザから1語の検索クエリがDomain Name Systemに漏れる問題の実態調査と利用者の興味関心漏れによるプライバシー侵害の評価,’’ 信学技報, vol. 121, no. 17, NS2021-18, pp. 20–25, 2021年5月.

  • 松本 瞬, 近藤 大嗣, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, ‘‘モバイルアドホックネットワーク環境下における優先度を用いた情報取得の検討,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-58, 2021年3月.

  • 廣野 智秋, 近藤 大嗣, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, ‘‘ノードの離脱・移動耐性を有するマルチホップネットワーク構成法の検討,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-60, 2021年3月.

  • 三上 浩輝, 近藤 大嗣, 栗原 淳, 戸出 英樹, ‘‘NDNにおける違法コンテンツブロッキングの処理分散,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-7-14, 2021年3月.

  • 長谷川 圭太, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘ステルス性の高いDNS水責め攻撃に対する検知・防御手法の提案 (Encouragement Talk),’’ 信学技報, vol. 120, no. 327, NS2020-116, pp. 31–36, 2021年1月.

  • 近藤 大嗣, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, ‘‘Named Data Networkingにおけるエッジコンピューティング資源探索に関する一検討,’’ 信学技報, vol. 120, no. 257, NS2020-85, pp. 56–61, 2020年11月.

  • 長谷川 圭太, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘DNS水責め攻撃に対抗するDNSキャッシュサーバ上でのFQDNベースホワイトリストフィルタの提案及び考察,’’ 信学技報, vol. 120, no. 4, NS2020-2, pp. 7–12, 2020年4月.

  • 長谷川 圭太, 戸出 英樹, 近藤 大嗣, ‘‘DNS水責め攻撃に対抗するDNSキャッシュサーバ上でのFQDNベースホワイトリストフィルタに関する検討,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-11, 2020年3月.

  • 石倉 直武, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘DNSトンネリングに関する攻撃手法と防御手法の分類,’’ 信学技報, vol. 119, no. 460, NS2019-225, pp. 265–270, 2020年3月.

  • 石倉 直武, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘DNSトンネリング検知のためのキャッシュ特性に基づく特徴量,’’ 信学技報, vol. 119, no. 194, NS2019-93, pp. 25–30, 2019年9月.

  • D. Kondo, J. Kurihara, H. Tode, and T. Asami, ‘‘Name Prefix Security Applications in NDN,’’ 電子情報通信学会ソサイエティ大会, BT-1-3, 2019年9月.

  • J. Kurihara, D. Kondo, H. Tode, and T. Asami, ‘‘Introduction to Name Prefix Security in NDN,’’ 電子情報通信学会ソサイエティ大会, BT-1-4, 2019年9月.

  • アシシュ マン シング プラダン, 近藤 大嗣, 谷川 陽祐, 戸出 英樹, ‘‘制約付きInterest転送機能を有する参加型クラウドセンシングプラットフォーム: 網外知見の収集法,’’ 電子情報通信学会ICN研究会, 2019年5月.

  • 石倉 直武, 近藤 大嗣, 戸出 英樹, ‘‘DNSトンネリング経由標的型攻撃に対するキャッシュヒット率を用いた検知手法の検討,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-32, 2019年3月.

  • 戸出 英樹, 近藤 大嗣, シルバーストン トーマス, 浅見 徹, ‘‘NDN Interestを介した情報漏洩に対するフィルタ設計とその評価,’’ 電子情報通信学会総合大会, BP-2-3, 2018年3月.

  • 近藤 大嗣, 戸出 英樹, 浅見 徹, ‘‘Waikato HTTPフローデータセットを利用したNDNフローデータセットの生成法とその統計量の導出 (Encouragement Talk),’’ 信学技報, vol. 117, no. 385, NS2017-150, pp. 35–40, 2018年1月.

  • 近藤 大嗣, シルバーストン トーマス, 戸出 英樹, 浅見 徹, ペアン オリビエ, ‘‘NDNのInterestパケットに含まれるコンテンツ名経由情報漏洩に関するリスク分析,’’ 信学技報, vol. 117, no. 33, NS2017-20, pp. 35–40, 2017年5月.

  • 近藤 大嗣, シルバーストン トーマス, 戸出 英樹, 浅見 徹, ペアン オリビエ, ‘‘コンテンツアクセスにおけるユーザ主導型プライバシー管理フレームワークに関する一考察,’’ 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-158, pp. 7–12, 2017年3月.

  • 近藤 大嗣, シルバーストン トーマス, 戸出 英樹, 浅見 徹, ‘‘インターネットから収集したURLデータの統計量に基づくNDN情報漏洩防止方法の検討,’’ 電子情報通信学会ICN研究会, 2016年5月.

  • 近藤 大嗣, シルバーストン トーマス, 戸出 英樹, 浅見 徹, ‘‘インターネットから収集したURLデータに基づく情報指向ネットワークのコンテンツ名の検討,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-7-6, 2016年3月.

  • 近藤 大嗣, シルバーストン トーマス, 戸出 英樹, 浅見 徹, ‘‘情報指向ネットワーク型ファイアウォールの要求仕様,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-7-8, 2016年3月.

  • 近藤 大嗣, シルバーストン トーマス, 戸出 英樹, 浅見 徹, ‘‘インターネットから収集したURLデータの統計量に基づく情報漏洩防止用Interestパケットフィルタリング,’’ 信学技報, vol. 115, no. 484, IN2015-135, pp. 159–164, 2016年3月.

  • 近藤 大嗣, 中尾 彰宏, ‘‘BitTorrentに適するレアピース情報を利用したキャッシングアルゴリズム (Encouragement Talk),’’ 信学技報, vol. 115, no. 1, NS2015-4, pp. 17–22, 2015年4月.

  • 近藤 大嗣, 中尾 彰宏, ‘‘BitTorrentにおけるBITFIELD/HAVEメッセージのモニタリングによる網内レアピース検知手法,’’ 信学技報, vol. 114, no. 206, NS2014-91, pp. 73–78, 2014年9月.

  • 近藤 大嗣, 藤本 章宏, 廣田 悠介, 戸出 英樹, 村上 孝三, ‘‘高速切替可能な多視点動画に適したP2Pライブストリーミングシステム,’’ 信学技報, vol. 112, no. 463, NS2012-205, pp. 231–236, 2013年3月.

  • 近藤 大嗣, 藤本 章宏, 廣田 悠介, 戸出 英樹, 村上 孝三, ‘‘カテゴリ情報に基づく推薦システム機能を有する高速チャネル切替可能なP2Pライブストリーミング配信システム,’’ 電子情報通信学会総合大会, B-6-109, 2012年3月.

Awards

  • 11/15/2023 特選論文(情報処理学会)
  • 10/24/2022 CSS2022優秀論文賞(コンピュータセキュリティシンポジウム2022)
  • 12/17/2020 ITU AI/ML in 5G Challenge (Regional round), Judges’ Prize (ITU)
  • 12/14/2020 ITU AI/ML in 5G Challenge, 日本ラウンド, 第2位(情報通信技術委員会)
  • 11/11/2020 ITU AI/ML in 5G Challenge, Global Round in Japan, Best Performance Award (NEC)(RISING研究会)
  • 1/18/2018 若手研究奨励賞(電子情報通信学会ネットワークシステム研究会)

Projects

Professional Activities

  • Program Committee Member
    • IEEE ICC 2024
    • MSN 2022
    • MSN 2021
    • MSN 2020
    • IEEE/IFIP DISSECT 2020
  • 専門委員会
    • 通信ソサイエティ情報指向ネットワーク技術特別研究専門委員会(専門委員:2021-4-1 - 2023-3-31,幹事:2023-4-1 - 2025-3-31)
  • Reviewer
    • Journal
      • Computer Communications
      • IEEE Access
      • IEEE Transactions on Network and Service Management
      • IEICE
    • Conference
      • IEEE Globecom
      • IEEE ICC
      • IFIP Networking
      • IEEE ICCE

Contact

  • B4 W304, 1-1 Gakuencho, Naka, Sakai, Osaka 599-8531